ほっじぽっじすてーしょん

広く浅い、多趣味野郎の時事録

2017年、個人的に良かったアニメを挙げてみる(秋編)

 こんにちわ、2017年もラストスパート。

 半泣きでキーボードを叩いています。わさびです。

 前置きで書きたいことも特に思い浮かばないのでさっそく本題にいきますよ。(雑)

 ※今回の記事は連続企画です。よろしければ↓コチラ↓の記事もどうぞ!

hodgepodge.hatenablog.com

hodgepodge.hatenablog.com

hodgepodge.hatenablog.com

 

2017年、個人的に(中略)秋編

 アツい夏も終わり、ついに季節は秋。

 2017年を締めくくる秋はどんな作品が良かったのか。振り返ってみましょう。

 

劇場版Fate/Staynight Heaven’s Feel

www.fate-sn.com

 冬編と同様、初手は劇場アニメから紹介。(※なお、私は原作者・奈須きのこファンなので本項は信者補正がかかっている可能性があることをご了承ください。)

 近頃人気のソーシャルゲームFate/Grand Order』など、あらゆる派生作品が存在するFateシリーズ至高の原点作品『Fate/Staynight』。その中でも唯一映像化されていなかった最後のルートを映像化した今作。

  TYPE-MOONファンが長く待ち望んでいた映像化ということもあり、鑑賞前から期待値が大幅に上がっていましたが、今作はその期待値をしっかりと越える仕上がりになっていました。

 制作は美麗なアニメーションで名高いufotable。CGと作画が織り成す超絶映像は今作も健在……どころか劇場版クオリティでさらに磨きがかかっています。戦闘シーンはもちろんですが、背景のリファインが恐ろしい。同スタジオが制作した『Fate/Zero』、『Fate/Staynight [UBW]』と舞台を同じくする本作ですが、背景が備える情報密度がそれらの作品とは段違いです。(この2作も背景美術は素晴らしい出来だったんですが、それをさらに越えてきました。)とくに路地裏は『空の境界』の頃を思い出す「絶対に立ち入りたくない路地裏感」が非常に良く出ており、これぞufotableの背景だ! と無駄に感動してしまいました。

 一番の注目シーンはランサーとアサシンの一騎打ち。フルCGで作り上げられた冬木市街を舞台に繰り広げられる大迫力の戦闘作画は一見どころか百見の価値アリ。

 音楽はこれまた安定の梶浦由記さん。最高にキマってます。

 ストーリーに関してはもちろん言うことなし!

 ……と言いたいところですが、初見の方にはわかりにくいのではないだろうか、という印象。Fateシリーズ定番のシーン(いわゆる共通ルート部分)を大胆にカットするなど、他のルートの内容を知っていることが前提となっている作りになっています。まあ、信者には関係ないですけどね!

 これに関しては『Heaven's Feel』という長編ルートを劇場3部作という尺に納めなければならない事情を鑑みるに、仕方ないアレンジだと思います。あるキャラクターに関しては原作以上に掘り下げられており、制作側の作品に対する愛情を感じます。

 まあ、なんにせよとりあえず原作をやろう話はそれからだ今ならPSvitaでもスマホでもプレイできるしFGOで排出が渋いガチャに金をかけるくらいなら原作をプレイしたほうが(この発言はディ〇イトワ―〇スに消されました

 

 とりあえず是非とも観て欲しい一作です。

 

ネト充のススメ

TVアニメ「ネト充のススメ」公式サイト

  ネト充のススメ。原作は漫画。

 仕事を辞め、ニートになった三十路女森岡盛子が充実したネトゲライフを送るというラブコメストーリー。

 普段ジメジメとしたオタクライフを送っている身としては、必要以上にオタクライフを美化する作品を観ると宮本武蔵に挑発された愚地独歩のような形相になってしまいます。しかし、本作は適度にネト充ライフの負の側面も描いており、ネトゲライフを楽しむネト充っぷりと退廃的な生活を送る主人公の自己嫌悪が良いバランスで描かれていたと思います。

 主要キャラの二人が繰り広げるぎこちないやりとりは観ているコチラが思わずニヤニヤしてしまうような純情っぷり。過剰にドラマチックな演出になっていないのも好感が持てます。

 ラブコメにありがちな冗長的な引き伸ばしもなく、キメるところでしっかりとキメてくれるので、

 「そこは攻めるべきだろ! このチキン野郎!! 」

 とならず、ストレスフリーで観ることができました。

 物語の展開に意外性はありませんが、それだけ安定した内容になっているので最後まで期待通り(良い意味で)の面白さが続いた作品でした。

 作画に関しては怪しい部分もありましたが、さほど気にはなりませんでした。なんというか、力を抜ける場所でちゃんと抜いているという印象。

 OPテーマの『サタデー・ナイト・クエスチョン』も作品に合った曲調でとても良い。中島愛さんといえば『マクロスF』のイメージが強いですが、やっぱり良い声してますよね。

 突出した輝きがある作品ではありませんが、終始安定感のある良質なラブコメ作品でした。

 

Infini-T-Force

 原作はアニメ……でいいんでしょうか?(漫画版もある)

 ガッチャマンキャシャーンなど、数々のヒーローアニメを世に送り出してきたタツノコプロ55周年記念作品。フルCGアニメーションです。

 特異点と化した世界に4人のヒーローが集結し、数多の世界を滅ぼし続ける謎の男Zと戦いを繰り広げるというストーリー。

 作品の垣根を越えたスーパーヒーロー達の夢の競演!

 ……なんですが、実は私はタツノコ系列の作品をしっかり観たことがありません。流石にガッチャマンキャシャーンテッカマンあたりは名前を聞いたことはあります(破裏拳ポリマーは初めて聞いた)が、各作品の内容はそんなに知りません。

 そんな私がなぜこの作品を観ようと思ったのかというと、キャラクターデザインに大暮維人先生が居たからです。『エア・ギア』、『天上天下』など、緻密かつスタイリッシュなデザインでお馴染みの大暮先生が絡んでいるなら、観る以外の選択肢はありえません。

 そんな経緯があったので、正直視聴前は楽しめるかどうか不安でした。そんな不安も全話観終わった今となってはただの杞憂だったわけですが。

 まずは物語に関して。アツい。

 最近の作品だとちょっと捻くれた正義感や背景を持つ(ダーク)ヒーローがよく描かれている印象がありますが、そんな変化球揃いの界隈に現れた(というか戻ってきた)剛速球どストレート。小手先の理屈なんていらない、助けたいから助けるというヒーローらしいヒーロー。それがこんなにもカッコいいとは。

 今作の主人公は一人の少女なのですが、救われる側に視点を置いているというのが良いのかもしれません。ヒーロー達の古風な暑苦しさを鬱陶しく感じながらも、彼らの存在は確かに少女を支え、変えていく。そして最後には……。

 敵に関しても、ただ純然な悪として描くわけではないのが好印象。あくまで『敵』。

 理由なく悪事を働くのではなく、彼らなりの人間らしい目的が存在する。その結果、悪と呼ばれる手段を採っている。こういう描写を丁寧に出来ている作品は良作が多い印象がありますね。

 こうして振り返ってみると主要キャラを有名ヒーローで固めている分、敵グループの掘り下げに尺を使えているのかもしれません。十分な知名度があるため、ヒーロー側の説明は最小限になっていたように思います。私は本作をニコニコ動画で視聴していたため、コメントの捕捉で各ヒーローのバックボーンを知ることが出来ましたが、全くの初見で観ることを考えると説明不足な部分もあるかと思います。

 ストーリー以外にも「原作を知っていれば絶対にアツいだろうなぁ~ 」と思う場面がいくつもあり、原作を視聴していたほうがより楽しめるというのは間違いないでしょう。 

 映像に関しては『シドニアの騎士』、『蒼き鋼のアルペジオ』、春編で紹介した『正解するカド』などのセルルックCGとは異なり、いかにも普通のCGという感じです。(的確な言葉が見当たらない……)かといってリアル調でもない本作は1話の最初あたりでは多少の違和感を感じましたが、すぐに慣れました。

 CGアニメらしい豊富なカメラワークと美麗なエフェクト、長回しのワンカットで戦闘シーンはとても迫力があります。爆発音などのSEにも重厚感があり、ド派手な戦闘が引き締まって見えました。

 あとはヒーロースーツのリファインが素晴らしい。原作の古風なヒーロー像を残しつつ、現代風のカッコよさを兼ね備えたデザインになっています。

 ハリウッド映画のヒーローものとかもそうですが、レトロなデザインを今風にアレンジ出来るのってホントに凄いと思います。ディテールの問題かもしれませんが、ともすれば滑稽に映ってしまう全身タイツをなぜあそこまでカッコよく昇華できるのか……理解不能です(褒め言葉)

 なんだか長々と書いてしまいましたが、本当に良い作品でした。近々劇場版の放映も

あるそうなので是非とも劇場に足を運んで鑑賞したいと思います。

 このあたりで上映するかな……(ド田舎並感

 

※以下、追記作業中!

宝石の国

land-of-the-lustrous.com

 宝石の国。原作は漫画。今期で1番面白かったかもしれません。

 生物が宝石となった世界。彼らを装飾品にするため月から飛来する月人と宝石達の戦いを描くファンタジー作品。これまたCGアニメーションです(シーンによって作画もあり)。

 まずは映像について。とんでもなく美しいです。

 前述の通り、登場人物の身体は宝石で出来ています。

 風になびく髪も宝石。

 傷つき、割れ落ちる欠片も宝石。

 その宝石が持つ独自の光沢、透明感の表現に3DCGが見事にマッチしています。作画では到底出来ない表現……とまでは言いませんが(実際漫画版『宝石の国』のPVは作画アニメーション)、戦闘シーンなどでド派手な動きが求められる本作において宝石達の美しさを安定して表現するのはCGが得意とするところではないでしょうか。実際の鉱物を参考にして制作したという宝石達のCGモデルはそれぞれが異なる色彩で輝き、シンプルな色合いで構成された画面に華やかな彩りを添えています(個人的にはダイヤモンドの様々な色味が混じりあった光沢が好きです)。肩に当たる髪の毛の反射光など、ちょっとした部分にもCGならではの強み、こだわりが見てとれました。

 CGアニメはアニメらしさを強調するために大仰な動きを付ける印象がありますが、本作においても日常シーンなどにおけるコミカルな動きがなかなか面白かったです。

 宝石達の敵である月人も独特のビジュアル。仏教(?)をモチーフとしたデザインになっています(切断面が蓮の根のようになっていたり)。アニメも1周しただけですし、漫画版も1巻の試し読みをしただけなので明確なストーリーラインを追えている自信がないのが惜しいところですが、月人はいったいどのような存在なのか……謎が深まります。

 物語に関しては基本的にそんな感じです。とにかく謎が多い。

 いわゆるセカイ系に分類しても良いのでしょうか(有識者の方、どう思いますか)。起きている事象に対して具体的な説明が無いまま、宝石達の戦いが描かれていきます。こういった作品は『どうすれば問題が解決するのか』、『どうすれば物語が終わりを迎えるのか』といった物語の明確な目的が曖昧になりがちなため、目的以外で物語を牽引するだけのパワーを持ったなにかが必要になります。

 本作でそれを担っていたのはキャラクターでした。

 謎めいた独特な世界観にも惹きこまれるものがありますが、なによりもキャラが非常に魅力的。前述した外観の美しさはもちろん、様々な特徴を持った宝石達のやりとりが面白いです。シリアスなシーンは徹底的にシリアスな本作ですが、頻繁に差し込まれるコメディシーンがとても良い。ともすればシリアスな雰囲気をぶち壊し、どっちつかずの作風になって「なんだこれ? 」状態になってしまうと思いますが、この作品はその按配が絶妙。メリハリが出来ている……とでも言えばいいのか。どちらの魅力も損なうことなく、それどころかそのギャップが本作の不思議な魅力になっていました。

 特に印象深いのが8話から9話。主人公にとって大きな転換となるシリアス回の直後の回がコメディパートから始まりました。下手をすればシリアスの余韻を木端微塵にしてしまう構成。

 しかし、本作はアフターケアが上手い。コメディパートのあとにしっかりと主人公に残った傷を描いています。

 物語の中で悲劇が起こったあと登場人物が涙を流し、悲劇の余韻を解消するというのはよくある展開ですが、視聴者に感動(あるいは悲しみ)を与えるためには大切なプロセスとなります。しかし、悲劇的な出来事に涙が付随するのは当然ですが、涙で悲劇を回収しきってしまうのはあまりに安易な顛末に思えます。

 1人の人物が涙を流すということは、その出来事が人物の精神にそれだけ多大な影響を与えたということにほかなりません。だからこそ、悲しみの先で涙以外に残ったなにかを描写しなければ悲劇的な出来事が物語として活きてこないと思うのです。

 本作においては主人公が涙するシーンはありません(……でしたよね?)が、悲劇が主人公に残したものがしっかりと描かれています。それが浮ついていた主人公の骨子になり、物語の芯になっていく。悲劇的な出来事が物語として活きているのです。

 こういった物語上の構成がしっかりとしているため、シリアスとコメディの起伏がありながら芯の通った作品になっているのだと思います。

 

 ……最後のほうはなんだかよく分からない文章になっている気がしますが、気にしない方向でお願いします!!(おい

 『宝石の国』とにかく面白かったです。オススメ!!

 

Just Because!

justbecause.jp

 Just Because! アニメ原作(小説版もあり)。

 脚本は『さくら荘のペットな彼女』などで有名な鴨志田一、キャラクター原案が『月曜日のたわわ』で有名な比村奇石という豪華タッグ。(ちなみに私はどちらもしっかりとは見てません……)

 高校3年生の3学期、父親の転勤で昔住んでいた町に帰ってきた主人公、泉瑛太。進学先も決まっており、ただなんとなく最後の高校生活を過ごそうとしていた泉の前に現れたのは中学時代の親友と密かに想いを寄せていた女生徒だった。

 恋愛、進学、就職。人生の岐路に立った少年たちの最後の高校生活が始まる。

 というストーリー。

 作風としては夏編で紹介した『月がきれい』に近いです。もっとも、等身大の青春にパラメーターを極振りしたような作品だった『月がきれい』と比べると、コチラの作品はかなりドラマチックな作風という印象。

 恋愛モノに離別はつきものですが、死を連想しにくい若年層をモデルにした作品だと、転校、進路といった物理的に距離が生じるイベントが使われやすい気がします。

 ドラマチックな恋には大きな障害が必要です。その障害(ギャップ)を乗り越えるからこそ 

 

 

 

 

まとめ

 え! 少なくね!?

 と思ったかもしれませんが、

 すいません! タイムアップです!

 年越しの時間がきてしまったので内容よりも年内に更新することを優先したいと思います。楽しみにしている人なんていないとは思いますが申し訳ありません。

 他の良かった作品『宝石の国』、『Just Because! 』については年明けに追記しますので良かったらまた足を運んでいただけると嬉しいです。

 ※2018/01/09 追記作業中。今しばらくお待ちください。

 駆け足になってしまいましたが、恐らくこれが年内最後の更新になると思います。

 本格的に記事更新を始めてから1年間。あっという間でしたが楽しく記事を書くことができました。未だに文章が拙い私ですが、誰かに何かを発信するということに対する精神的なハードルは今年一年でだいぶ下がったように思います。来年も少しずつではありますが記事更新を頑張っていきますので、暇つぶしにでも読んでいただけたら幸いです。

 今年も残り6時間。最後までよいお年をお送りください。

 それでは、最後はいつも通りの言葉で締めさせていただきます。

 

―最後まで読んでいただきありがとうございました。―

 

良いお年を わさび