ほっじぽっじすてーしょん

広く浅い、多趣味野郎の時事録

2017年、個人的に良かったアニメを挙げてみる(夏編)

  どうも、QUEENの名曲『Flash』を友人に説明しようとして再現を試みるも、自らの歌唱力の無さに歯痒い思いをするわさびです。

 

 フラッシュッ↑↑!(ドゥンドゥン)アァァ~↑↑!!

 

 ……本題にいきましょう。

※今回の記事は連続企画の一部です。よろしければ↓コチラ↓もどうぞ!

 

hodgepodge.hatenablog.com

hodgepodge.hatenablog.com

 

 

2017年、個人的に(中略)夏編

f:id:wasabiwasabi:20171230165602p:plain

 というわけで、個人的にかなりアツかった夏アニメの紹介です。

 なかなか良作揃いで3作品に絞るのは心苦しかったので、今回の記事ははりきって5作品ピックアップしてみました。

 

ゲーマーズ!

www.gamers-anime.com

 

 1作目は、ゲーマーズ!。原作はライトノベル

 冴えないぼっちゲーマー雨野景太と学園一の美少女でありゲーム部部長でもある天童花憐を中心(?)に繰り広げられる学園ラブコメ

 これぞラノベという雰囲気ですが、コメディ作品として凄く面白かったです。

 公式にも書いてある、すれ違い(勘違い)をベースにしたやり取りが物語の主軸を担っているのですが、これが非常に上手い。イメージとしては芸人コンビ、アンジャッシュのコントを想像していただけると分かりやすいかと思います。

 当人たちの噛み合わないやり取りをハラハラしながら見守り、ゲラゲラ笑うアレですね。

 1つの勘違いから次の勘違いに繋がっていくなど、物語の展開が秀逸で最後まで飽きることなく見続けることが出来ました。

 作画は少々残念。とくに後半はけっこう気になりました。キャラクターをデフォルメしたり、コメディタッチでごまかそうとしている部分が多かったように思います。もちろん、それが噛み合っているシーンもあるのですが……。

 しかし、逆を言えば気になった部分は作画だけです。各キャラクターにも魅力があり、テンポよく見やすい良作ラブコメだと思います。

 あと、内容とは関係ないですが個人的にOPは曲、映像を含めて今期で1、2を争うくらい好きでした。

 

セントールの悩み

centaur-anime.com

 2作目、セントールの悩み。原作は漫画。

 普通の人間が存在しない世界でケンタウロス竜人、翼人といった亜人種の少女たちがおくる日常を描いた作品。

 本作もいわゆる日常系なのですが、亜人種の生活様式現代社会にしっかりと落とし込んでいるのが面白かったです。とくに面白かったのはケンタウロスの設定。どうやって車に乗るのか、どうやって着替えるのかといったぼかそうと思えばいくらでもぼかせる部分の設定がしっかりと練られているのが伝わってきました。設定資料集があるならぜひとも読みたい。絶対に面白いはず。

 基本的にはほんわかとした日常系作品ですが、物語の端々に明かされていない設定の深みがあったり、私たちの人間社会に対する皮肉が込められていたりとなかなか気が抜けない作品だったように思います。

 

 

 メイドインアビス

miabyss.com

 3作目、メイドインアビス。原作は漫画。

 あらすじは公式サイトを見てもらったほうがいいと思います。世界観が特殊すぎる!

 言葉足らずになるのを承知でざっくりと書くと、

 『アビス』と呼ばれる底知れぬ竪穴。そこに眠る遺物を探し出す冒険家『探崫家』を目指す少女リコが少年の姿をしたロボットと出会い、冒険を繰り広げていくというストーリー。

 本作を一言で表すなら独創性抜群のファンタジー。数多ある既存の設定にとらわれない、独自の世界観が凄い。

 不可思議な性質に包まれたアビス、そしてそこに生きる生物の生態。どこをとっても他作品では見たことがないような独創的、かつ魅力的な世界観が広がっています。

 独自性が強い作品は往々にして分かりにくさが目につき、展開についていけなくなりがちですが、本作に関しては『アビスに潜る』という物語の主軸に対して明確な目的が存在するので展開について行けなくなるということもありませんでした。

 作画に関しても文句のつけようがないと思います。原作絵の特徴的なタッチは書店等で何度か見たことがあったのですが、それを見事にアニメとして形にしているという印象です。キャラクターの作画も勿論ですが、なにより背景の作画が素晴らしい。

 幻想的な美しさと正体不明の禍々しさが両立する『アビス』という世界が映像として成立している。

 冒険モノ特有のワクワク感はもちろん、こちらの涙腺を揺さぶるシーンもあり、視聴後の満足感が非常に高かったです。ナナチ可愛いよナナチ

 続編アニメ化も発表されましたし、これからも追っていきたい作品です。

 

プリンセス・プリンシパル

www.pripri-anime.jp

 4作目、プリンセス・プリンシパル。アニメオリジナル。

 19世紀末、東西に二分されたアルビオン王国(架空の国)を舞台に繰り広げられる少女スパイたちの物語。

 個人的に美少女要素を詰め込んでくる作品はそれだけでも近寄りがたい雰囲気というか、「ほら、お前らこういうの好きだろう? 」という制作側の意図を感じてしまい、作品に対するハードルが一段上がるのですが(ガルパンとかもそんな感じだった)、本作はそのハードルをちゃんと越えてきました。素直に面白かった。

 作品のテイストはDarker Than Black黒の契約者ー』に近いでしょうか。作品上ではあまり語られない巨大な組織の構成員である主人公たちが持ち前の技術(能力)を活かして任務をこなしていくというのが大まかな流れになっています。

 基本的に1話完結方式の本作。各話で主人公たちは様々な任務に赴くわけですが、その内容もバリエーション豊かだったため、途中でだれることなく最後まで飽きずに視聴できました。

 ロングスパンで伏線を張り終盤でカタルシスを得るタイプの作品に比べ、1話完結方式の作品は薄味な作品になってしまう印象が強いですが、今作はそのバランスがうまく取れていたように思います。脚本の妙技なのでしょうか。各話がしっかりと完結したうえで、それぞれのつながりが確固たる意味を持つように作られています。だからこそ、1話完結方式の見易さと連作の奥深さが両立している。本作は作中のタイムラインと放映の順番がバラバラになっているのですが、それも視聴者自身に各話の繋がりを意識させるための演出なのかもしれません。

 主要な登場人物の掘り下げも必要十分といった感じでした。誰が、どんな経緯でスパイになったのかということを物語に組み込んでいるため、女子高校生スパイという設定にも一定の説得力があったように思います。本作はこのあたりの匙加減が本当に絶妙で、各キャラクターの魅力を掘り下げつつ、並行してスパイとしての物語を自然に展開させる手腕は見事としか言いようがないです。

 作画に関しても文句なし。ド派手なアクションシーンはもちろん、雑多な蒸気機関が形作るロンドンの街並みなど緻密な背景美術も圧巻。とくに5話の剣戟は戦闘シーン好きなら必見です。人と人が切り合うシーンでここまでカッコいいと感じたのはストレンヂアサムライチャンプルー以来かもしれません。

 ちなみに本作のBGMを担当しているのは梶浦由記さん。言うまでもなく音楽も最高です。なにげに私が本作を観てみようと思ったのは梶浦さんが音楽を担当していると知ったのがきっかけだったりしますが……どうでもいいですね。

 そんな感じで『画』『シナリオ』『音』というアニメ3大要素を高い水準で満たしている本作。実は放送された内容だけでは物語のタイムラインが欠けており、不完全なものになっています。(サブタイトルに『case』が割り振られており、今回のシリーズで放送されたのはcase1、2、7、9、11、13、16、18、20、22、23、24の12話のみ)

 ……なんだか続編(番外編?)がありそうな気配を感じますね。気長に続報を待ちたいところです。良作!

 

サクラクエスト

sakura-quest.com

 5作目、サクラクエスト。アニメオリジナル。春から続く2クール作品です。

 就職活動に失敗した主人公、木春由乃がとある勘違いから寂れた田舎町の町おこしをすることになるというストーリー。

 花咲くいろはSHIROBAKOに続くP.A.WORKS制作のお仕事シリーズ第3弾。本作を含め、お仕事シリーズは3作品視聴済み(『花いろ』の劇場版は観てない)ですが個人的には一番好きです。

 「町おこし」という特徴的、かつ地味な題材をもとにどんなアニメ作品になるのかが気になるところでしたが、なかなか上手くまとまっていた印象。

 物語は基本的にコメディ調。しかし、現実社会で地方市町村が抱えている問題(商店街の衰退、空き家問題など)をしっかりと取り上げており、『町おこし』というメインテーマから外れすぎることなく、安定した作品になっていました。

 作中で採られる問題の解決手法は創作的というか、実社会では難しいだろうなというのが正直な感想ですが、ひとつの可能性として面白いと思いましたし、コメディ調の作風も相まってさほど気にはなりませんでした。(ドク有能すぎるぞ!)

 登場人物に関しても男女、年齢、人柄など多種多様な人が暮らす町の雰囲気が十分に出来上がっていたと思います。本作は主人公が国王(町おこし親善大使的な役職)に就任してからの1年間の様子を描いた作品なのですが、よそ者として町にやってきた主人公が町おこし活動を通して町民の信頼を得ていく過程が丁寧に描かれており、主人公の成長物語としても素晴らしい作品でした。

 とてつもない問題に立ち向かうドラマでもなく、最後に緻密な伏線を回収するカタルシスが待ち受けているわけでもない。

 本作は終始地味な作品ですが、田舎町で暮らす人々が織り成す笑いあり、涙ありの人間ドラマは非常に見応えがあり、毎週楽しみな作品の一つでした。P.A.WORKSらしい、心に残るいいアニメだったと思います。良作!

 

まとめ

 というわけで、頑張って5作品を紹介しました。疲れた!

 気が付けば今年もあと1日を残すのみ……。頑張って秋編も今年中に更新したい…。

 秋もなかなかに面白い作品が多かったのでまたボリューミーな記事になると思います。書き終わるかな?(おい

 ほどほどにお待ちいただけると幸いです。いつも以上に雑ですが今回はこの辺りで失礼します。それでは。 

 

ー最後まで読んでいただき、ありがとうございましたー

 

@ただちに秋編を仕上げます。わさび