ほっじぽっじすてーしょん

広く浅い、多趣味野郎の時事録

片隅で感想文16『コンスタンティン』

 

俺はわさびだ、クソッたれ

 

 

 

スイマセン!

「いきなり毒づいてきやがった、このクソッたれ!」

とか言いながらブラウザバックしないでください!!許して!!

 

これは今回鑑賞した映画の冒頭、主人公が名乗るシーンのセリフを真似たものなんです。

 

映画のタイトルはコンスタンティン

 

私のツボにドストライクな、最高にイケてる作品でした。

 

前置きもそこそこに。感想文、はじまります。

 

コンスタンティン

f:id:wasabiwasabi:20170618222054j:plain

movies.yahoo.co.jp

はい、というわけで今回鑑賞した映画はこちら。前から観たかった映画の一つコンスタンティンです。

上映されたのは2005年。アメコミが原作みたいですね。

主演はマトリックスで有名なキアヌ・リーブス

キアヌ主演の映画は最近だとジョン・ウィックとか気になっているんですが、相変わらず未鑑賞。近々続編も上映するみたいなのでレンタルでもして観ておきたいところです。

 

若干話が逸れました。

それではいつも通りあらすじ

 

天国と地獄のエージェント、エクソシストとして悪魔を祓うことを生業とする

主人公ジョン・コンスタンティンキアヌ・リーブス)。

コンスタンティンはいつものように悪魔祓いを行うが、悪魔達の様子が普段と違う事に気付く。

「悪魔が地獄から人間界に侵入しようとしている」

悪魔達の目的は一体何なのか。

その謎を追う中で、ジョンは悪魔に狙われている女性・アンジェラ(レイチェル・ワイズ)と出会う。

アンジェラは双子の妹イザベルの自殺の謎を追っており、その過程でコンスタンティンの存在を知ったのだった。

 二つの事件の繋がり。『運命の槍』の存在。

人間界の命運はコンスタンティンに託された!

 

といった感じ。いつも以上に雑。

 

もうね、設定からして中二病をくすぐるわけですよ。

こんな作品が面白く無いなんて事あるわけないんですよ!(興奮

 

ジョン・コンスタンティン

とりあえず、スーツ姿で悪魔祓いをするキアヌがヤバいほどカッコイイ

それだけでも見る価値があるのですが、なんといってもキャラクターが好き。

 

ジョンは極度のヘビースモーカー。1日に30本もの煙草を喫煙し、そのおかげで末期の肺癌を患っており、余命は一年あまり。

しかし、ジョンは過去に自殺を図ったことがあるため、死後は地獄に送られることが確定(キリスト教では自殺は罪)。

地獄に行くのが嫌なジョンはエクソシストの仕事をすることで天使への点数稼ぎを行い、自らが天国へ行けるように取り計らってもらおうとしています。

ようするに、実は世界なんて二の次で、基本的には自分本位で悪魔祓いをしているわけです。

 

この人間臭さが非常に良い。

 

前述のヘビースモーカーっぷりとチンピラっぽい口調も相まって、エクソシストという神聖な職業とのアンバランスさも際立っています。

そんなふうに嫌々やってるくせに、エクソシストとしては凄腕とか……

 

もう最高かよ

 

更に、ハリウッド映画だったらヒロインを抱きしめてキスの一つや二つ交わすようなシーンでも、一切キスをしない硬派っぷり。シブい。

時には聖なるメリケンサック(もう好き)でハーフブリード(半分人間)の悪魔をぶん殴ったり、十字架を象ったリボルバー式のショットガンをぶっ放したり……

 

最高すぎるだろ!!!いい加減にしろ!!!

 

他にも中二心をくすぐる要素が多分にあるのですが、ここで言うのも勿体ないので是非自らの目で!

 

アクションシーン

上映当時、CMを見た私はマトリックスみたいなド派手なアクション映画なんだろうな!」というイメージを勝手に持っていたのですが、いざ鑑賞してみるとそんなことは無かったです。

人間らしい動きしかしないので、地味と言えば地味

しかし、そのおかげでリアリティがあって良い

 

「……悪魔とか天使が出てくる作品にリアリティってなんだよ。」

 

と言われてしまうかもしれませんが、そういったファンタジー要素が詰まった作品だからこそ、変にリアルな要素が映える

 普通の人間が怪しげなマジックアイテム片手に、超常の存在に立ち向かうわけですよ?

 

ロマンを感じませんか!!(感じませんか……)

 

他の見どころは?

えー、そうですね。

 

 

特にないです。

 

 

あくまで個人的な感想ではありますが、上記の二つ以外に特筆すべき部分は無い!!

 

「地獄の風景が面白い!」

「女優さん、綺麗だなぁ!」

「タバコはやめよう!」(?

 

といった細々した感想はありますが、あえて書くほどのものでは無い。

 

コンスタンティンが超カッコイイ!!」

「闘い方が人間臭くて好き!!」

 

このあたりでビビっときた方にはオススメですが、ピンとこない方は観ても「ふーん」で終わってしまうと思います。ストーリーに関しても『伏線回収がスゲェ』とか『終盤怒涛の盛り上がりをみせる』とか『めっちゃ心に残る……』といったことはありませんでしたから。

しかし逆を言えば、それだけしかオススメ出来る要素が無いのに「最高にイケてる作品だった」なんて言葉を使っちゃうくらい、上記2つの要素が魅力的なんです。

あと、私も決して詳しいわけではありませんが、ある程度宗教関係の知識があったほうが楽しめることは間違いないです。作中でもある程度は説明を挟んでいるので本筋を掴むだけならば問題ないと思いますが、もっと詳しければ違った見方が出来るのかもしれません。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

というわけで、コンスタンティンの感想文でした。

 

個人的に気になるのは、『あの結末をどう受け取るべきか』ですね。

『単なる禁煙ムービー』ってだけじゃあまりにもツマラナイ←ネタバレ有

 

えー、次回の予定ですが、

次回はピュアだったわさび少年の心

 

『黒のロングコートはカッコいい』

銀の弾丸は吸血鬼に効く』

 

といった中二病要素の種を植え付けた作品

 

『BLADE』シリーズ三作品

 

について感想文を書く予定です。

BLADEシリーズに関して包括的な感想文になると思いますので、各作品の内容については普段にも増して薄~くなる可能性がありますが、ご了承ください。

 

これまたいつも通り、次回更新は未定です。

それでは。

 

-最後まで読んでいただき、ありがとうございました-

 

@キャンプツーリングから生還。 わさび