ほっじぽっじすてーしょん

広く浅い、多趣味野郎の時事録

片隅で感想文13:『タマラセ』

はい、またまた登場。

わさびです。

 

3日間連続更新だと言ったな、アレは嘘だ!!

興がのったので、4日目の記事更新!

 

……この記事をあげたら猛烈な燃え尽き症候群に見舞われそうな予感がしますが、まあその時はその時。

 

今回取り扱うのは(超個人的名作)ライトノベル

『タマラセ 彼女はキュートな撲殺魔』

 

前置きもそこそこに、さっそく感想文にいってみましょう。

 

タマラセ 彼女はキュートな撲殺魔

 

f:id:wasabiwasabi:20170523013535j:plain

          ↑学生鞄に無造作に突っ込んでいたため、カバーにダメージが…… 

 

なんだかキル〇ルを思い出すオシャレなカラーリング。

今作は第9回角川スニーカー大賞『優秀賞』受賞作

作者である六塚光先生のデビュー作です。

 

 

……ん?第9回?(現在開催されているのは『第23回』)

 

 

そう、本作はかなり昔の作品です。

どのくらい昔かというと、

私が白球を追うことに青春の汗を流し、その一方でお小遣いの大半をPS2の中古ゲーム漁りに費やしていた時代の作品です。

ひたすらに2000円前後の中古ゲーをTSUT〇YAで漁り、デビルメイクライ『MGS』といった名作シリーズを知る一方でグランディア3』モンスターファーム5』といった世間一般でクソゲー迷作と呼ばれるゲーム達と触れ合っていた時代……。

いやぁ……懐かしい。

そのうちこのあたりのゲームレビューをしても面白いかもしれませんね。

まあ、いつもの言うだけならタダというやつですが。(笑)

 

閑話休題

 

というわけで、青春真っ盛りの時に読んだ作品ということもあり、強烈な思い出補正が掛かっています。この時期には灼眼のシャナだとか『イリーガル・テクニカ』などのライトノベルも読んでいたのですが、その中でも『タマラセ』夏休みの宿題だった読書感想文の題材に取り上げたこともある黒歴史思い出深い逸品。

今回、本棚で眠っているのが目に留まり、久しぶりに読んでみようかと思った次第です。

 

まさかこんなオッサンになってから再び感想文を書くことになるとは……!

 

多分に思い出補正が掛かっている恐れがありますので、そのあたりはご了承ください。

 

ではあらすじを。

 

 舞台は東北の平磐市。

この辺鄙な地方都市で、最近『撲殺魔による連続通り魔事件』が話題になっていた。

至って普通の高校生活を送っていた主人公・三鶴城大介(通称三介)は、

ひょんなことから通り魔事件に巻き込まれてしまう。

驚くべきことに、撲殺魔の正体は隣に引っ越してきた同級生の八阪井夏月!

彼女は『霊体を物質化し、武器とする事が出来る』タマラセと呼ばれる能力者で、

平磐市で謎の増加を続けるタマラセ覚醒者を止めるためにやってきたのだった。

夏月に協力を依頼され、三介はタマラセ達の闘いに身を投じていく―。

 

といった感じ。

まあ、よくある学園異能バトルものですね。

霊体をどうこうっていうと某奇妙な冒険のス〇ンドとか、シャー〇ンキングのオーバー〇ウルが脳裏を過りますが、タマラセはそれらを足して2で割った感じの異能です。

『一般人には見えない』とか『謎エネルギーを糧にする』といった鉄板設定も存在。

こういった『世間に知られていない異能モノ』における最大の壁は『世間一般からどのように秘匿されているのか』という部分だと思いますが、本作は

 

『なんか記憶を消せる秘術がある』

『ある状態の敵を殺害すると光となって消える』(ゴルディ〇ンハンマーじゃないです)

 

といった方法でクリア。

 

……うん、けっこう雑!!

 

しかし、コミカルな作風と(思い出補正が)相まってそこらへんはさほど気にはならない印象。

 

さて、久しぶりに読んだわけですが、

 

やっぱり面白い。

 

思い出補正を抜いてもかなりの良作です。

では『どんな部分が好きなのか』という事を具体的に言語化してみたいと思います。

 

等身大の世界観

前述の通り、学園異能バトルもの』は世に溢れています。

 

普通の学生がある日突然力に目覚めるパターン。

稀有な異能を持っていて、その異能の専門学校に行くパターン。

なにかの事件に巻き込まれるパターン……etc

 

誰もが経験してきた&主な購買層が所属する『学園生活』という現実的なテンプレートをベースにすることで分かりやすくし、『異能』という非現実的な要素を加えることでドラマチックな彩りを加えるというライトノベルでは鉄板のスタイルの一つです。

しかし、この『現実的な要素』『非現実的な要素』のバランスを取るというのは非常に難しく、一度崩れてしまうと一気に物語の魅力が削がれてしまいます。

ここらへんは個人の匙加減だと思いますが、1つ例を挙げると、私は基本的に『中高生が世界レベルの危機と闘う』とかが苦手です。

もちろん、それも話の展開次第、魅せ方次第ではあるのですが、

 

いかに異能があるとはいえ、中高生がどうこう出来る世界ってどうなのよ?

 

という気分になってしまうんですよね。あまりにも非現実感が強すぎる。

自分自身がよりリアル寄りのオッサンになっているから、という理由もあるのかもしれませんが、一気に創りもの臭さが出てきてしまう。

このバランスを上手くとる、または思い切ってぶっ壊してしまうことが出来ている作品は面白い作品が多いように思います。

今パッと思いついた作品でいえば前述の灼眼のシャナはバランスがしっかり取れている印象があります。思い切ってぶっ壊している作品としてはガールズ&パンツァーあたりが分かりやすいでしょうか。

 

さて、ここで本筋に戻りますが、

 

『タマラセ』はこのバランスがしっかり取れている作品

 

だと思いました。

 

話の舞台が非常にコンパクト。ローカルな世界で完結している

 

『タマラセ』はあくまで東北地方でしか発現しない能力という設定で、舞台は平磐市。

他所の国から超絶凄い能力者が何故かやってくるとか、世界レベルの異能が主人公に宿るわけでもない。

タマラセの能力自体も基本的に地味。発現中は身体能力が上がるという設定はありますが、武器の形態は金属バットやら竹槍やらガスマスクなどなど。超ド派手な雷が出たり、炎が出たりといったことはありません。

問題が起こるのはあくまで主人公のテリトリーの中。それを解決するために奔走する。

 

これですよ。この非現実でありながら、どこかリアリティのある空気感がとても良い。

 

事件に巻き込まれた程度の中高生が世界規模の大活躍をするなんて、あまりにも非現実がすぎるってものです。

これは完全に私見ですが、中高生なんて基本的には自分のテリトリーを守るので精一杯なんですよ。そんな自らの精神的な不安定さで一杯の両手に、さらに世界を抱えさせるなんて、いくらなんでも酷じゃないですか

 

話は少し脱線しますが、ある日突然エヴァに乗れと言われ、世界の命運を背負うことになったシンジ君はその思春期ならではの不安定さを抱えながら、恐ろしい使徒たちと戦うわけです。

思春期ならではの面倒なアレコレ。そんな描写に力を入れるくらいだったら主人公の身近な人間を一回危機に陥れて「大切な人を守るために、僕が世界を救ってみせる!」とか言わせた方が無難です。

しかし、あの作品はその面倒な描写から一切逃げなかった。

だからこそ妙な生々しさがあって、非現実的な世界観とのバランスが取れていて面白いんですよね。

 

 コメディ要素

……なんだか脱線しまくったような気がしますが、気を取り直して。

 

本作は割とコメディ要素が強い作品です。

これも一歩間違えると寒いだけの要素に成り下がってしまうのですが、

 

大丈夫、こんなオッサンでも普通に笑えます

 

なんでしょう、テンポが良いとでも言えばいいのか。

今回改めて読み直すまでは「流石にもう笑えないかもな~」なんて思っていたのですが、普通に面白かったです。

 

ギャグセンスがあの頃から一歩たりとも進歩していない。

 

という恐ろしい可能性も一瞬脳裏をよぎりましたが、気にしない方向で。

そういえばボー〇ボも未だに笑えるんだよな……

 

そして、忘れてはならないコメディ要素の恩恵、

 

『細かい部分にツッコむ気が失せる』

 

も十分に発揮されています。

これは極端な例ですが、で〇じゃらすじーさんを読んで

「こんな骨格の人間いねぇよ!」

なんて言う人は、そうそう居ませんよね?(居ないとは言い切れない)

これと同じで、コメディ要素は物語のディテールをある程度煙にまく効果があります。

なので、前述の『記憶を消す秘術が~』とか『死体が消える~』といった御都合主義バリバリの設定が差し込まれてもさほど違和感を覚えませんでした。

 

かと思いきや、「気軽に読めばいいや~」なんて気を抜いていると、突然説得力のある設定がぶち込まれたりするんですよね……。

このあたりの緩急の付け方も面白さに貢献しているのかもしれません。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

4日連続と銘打っておきながらまた日付を跨いでしまったので、今回はこのあたりで。

 

いつも通り感想文を書いてみましたが、流石にあの頃とは違うテイストの感想文になりました。

宿題の読書感想文の時は

 

力はそれ自体が悪いものでは無く、扱う人間次第で善にも悪にもなります。

もし、僕がそういった力を手にしたなら、自らの欲求に負けず、善の使い方が出来るようになりたいと思いました。

 

みたいなことを書いた記憶があります。あやふやです。

 

今回の感想文に至っては、作品自体の内容に触れている部分の方が圧倒的に少ない気がしますが……きっと、気のせいですね(白目)

 

『タマラセ』はシリーズ作として全6冊が刊行(1冊は短編集)されています。

amaz〇nでみたところ、電子書籍化もされているみたいなので気になった方は是非とも読んでみてください。

軽快なテンポで小気味の良い文体。気軽に読めるライトノベルの名作だと思います。

あまりに久しぶり過ぎて3巻が見当たらない、というのが少しばかり不安ですが、また続きも読み直したい作品ですね。

ライトノベルの形式上、巻数が進むほどにネタバレ要素が強くなっていくので感想文は書かないと思います。物語がどんな結末を迎えるのかはご自分の目でお確かめ下さい。

 

何はともあれ、これで3日間連続更新、改め4日間連続更新企画も終了です。

お付き合いいただきありがとうございました。

今は完全に燃え尽き症候群に陥っているので、記事更新はしばらく停滞するかもしれません。

また思い出した時に覗いていただければ幸いです。

 

それでは、4日間お付き合いいただきありがとうございました。

次回更新内容&時期は未定です。

 

-最後まで読んでいただき、ありがとうございました-

 

@懐かしさ爆発、わさび