ほっじぽっじすてーしょん

広く浅い、多趣味野郎の時事録

創作

生きる肢体

「彼は死んでいるのですか? 」 僕が問いかけると、目の前の医師は少しばかり眉を寄せた。 病室の中は不気味なほどに清潔だ。窓から差し込む陽光が白一色の床や壁面で乱反射して、まるで白昼夢の中にいるかのようなぼんやりとした光が部屋を満たしている。「…

夜迷言

ただいまの時刻、午前2時46分。 草木も、良い子も、学生も。 誰もが寝ている丑三つ時ー。 どうもこんばんは、わさびです。 なんだか眠れないので久しぶりに雑記。 歳を取るごとに自分の立ち位置が曖昧になっていく感覚があります。 というよりは『自分自…

So make start.

あさもhayokaらこんにTiwa同もみな3こんばN0凸凸凸toくdあらなⅰそんなkoとbaの羅re2でm0naにかimiがあるyoうnaないような一生keン名yoんでくれtanあら5めnnaさいほntoにiみは9野deathSAI5mあで4dekうれてありga10な2kaがあるのhakおの↓dあ44649nえ…

ある日の夢

瞼を開いたとき、真っ先に僕はこの世界が夢であるということに気付いた。だって、あまりに現実離れした風景だったから。いや、正確に言うならば、目の前の景色は限りなくリアルだった。見覚えのある風景、見覚えのある建物。どうやっても見間違えようのない…