読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほっじぽっじすてーしょん

広く浅い、多趣味野郎の時事録

ある日の夢

瞼を開いたとき、真っ先に僕はこの世界が夢であるということに気付いた。だって、あまりに現実離れした風景だったから。いや、正確に言うならば、目の前の景色は限りなくリアルだった。見覚えのある風景、見覚えのある建物。どうやっても見間違えようのない…